>
紅葉だより

紅葉だより

  • ≪参照≫ 昨年の紅葉状況(2018年)

    (今年のサクラの状況はこちらからアクセスを願います。)

     

    [本堂と霊殿をつなぐ渡り廊下から] 

    11月中旬頃から、弁財天堂周辺のドウダンツツジとモミジがご覧いただけます。

     

    [晩翠園] 拝観内にある奥の庭園。廿日過ぎて全体の紅葉を楽しんでいただけます。

     

     [勅使門前(上から見下ろした風景)] 23日頃を境に紅葉が進みます。

     

     [薬医門下、中段] 奥は勅使坂へ続く道です。こちらも紅葉が敷積もります。

     

     [勅使坂] 敷紅葉をご覧いただけるタイミングは毎年の紅葉だよりでご確認ください。

     

     

    [仁王門下の広場] 奥に見える階段が仁王門へ続いて、境内への道のりとなります。

     

     

    [仁王門階段]

     

     [本堂側面の山の風景]

     

     -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    これより下の画像は昨年度のものとなります。

    上記の日付に更新された画像と比べていただきますと紅葉の過程で楽しみが一段と味わえるかと。

  • ≪参照≫ 昨年の紅葉状況(2017年)

    (昨年のサクラの状況はこちらからアクセスを願います。)

     

    奥に高台弁財天おはします。ドウダンツツジほかの醸す、極上の一景はいかが。

     

     朝、奥の弁財天堂、七福神が出てきそうな仙境の雰囲気。

     

    霊殿と宸殿をつなぐ渡り廊下。

     

     

     日本庭園(晩翠園・観音堂)。 紅葉の落ち葉が水面を鮮やかに彩る。

     

    勅使門から望む坂道の紅葉。

     

     

    夕方の日暮れ前の勅使坂の紅葉。敷紅葉になる手前の景色。

     

    薬医門を下りた、勅使坂に続く中段通路も敷き紅葉が見れます。

     

    薬医門へ続く階段前の紅葉。

     

    参道を斜め上から見た景色。

     

    勅使坂前の道路。奥は仁王門階段前と極楽橋へつながる通路。

     

    仁王門参道を下から見た風景。仁王門を登れば、今度は下を眺める絶景が楽しめます。

     

    仁王門の石段上からの景色です。晴天には山科を一望できます。

     

    この時期の近隣の山の風景です。

    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------